シミ対策

マーシュフィールド ファンデ 塗り方 ~シミ(肝斑)解消~

こんにちは、masamiです。

今日もマーシュフィールドファンデでシミを隠してご機嫌良く過ごしてます。

40代半ばになると多くの女性はホルモンのバランスが崩れ、その影響でシミが目立ち始めたり、増殖したり、濃くなったりして、その結果、急におばさんになってしまいます。

レーザーでシミが取れる人はいいですが、肝斑の人は無理です。(私は40代半ばで急に肝斑が出ました)

 

たまに一歩先を生きている先輩女性たちは、そんな悩んでいる私に対して、「そのうちシミは薄くなるよ、今だけの我慢やわ。」とあっさりと言って励ましてくれますが、当の本人としては、そのうちではなくて、今が大事なの!と心で叫んだりしてます。

 

今の40代を老けて見られたくなくて何とかしたいんです。

ということで、シミを何とかしたいと悩んでいる人のお役に立ちたいと思っています。

 

 頑固なシミは、コンシーラーでは、どす黒くなるだけでキレイに隠せません

1年前ぐらいに久々にお会いする仕事関係の人たちの前で、キレイにシミを隠せた思って過ごしてたら、「どうしたの!?顔面どこかにぶつけた?打った?」と本気で心配されたことがありました。

この時は自分の化粧技術のなさとシミを隠しきれてなかったことにガッカリしました。

 

 リキッドファンデの重ね塗りをしても隠れません。

重ねれば重ねるほど化粧崩れします。

 

何をしてもシミが隠れてくれなくて、嫌になってました。

果たして、化粧してファンデーションを塗ってシミが広い面積で見えてしまう方が年相応に自然でいいのか、いやいや、シミは見えてしまうより、多少厚塗りになってもいいから隠す方がいいのか・・・?

ここを考えました。

そして、出した結論は、多少厚塗りでもいいからシミは隠すという選択をしました。
そこから私のファンデーション探しが始まりました。

そして行き着いたのがマーシュフィールドファンデでした。

 

マーシュフィールドファンデの良いところ

カバー力がすごい
シミがしっかりと隠せます。
隠せるのに厚ぼったくなり過ぎず、汗をかいてもサラッとしてて化粧崩れしません。
実際、大量の汗をかく運動をしてみましたが、全く崩れませんでした。

 

しっかりと試せるサンプルが用意されている
無償ではないですが、送料無料で、自分の悩みのシミが隠せるかを3~5回は試してみることが出来る量がありますし、自分の肌の色に合う色も十分に試して見つけることが出来ます。

価格が高すぎない
これだけ悩みを解消してくれるアイテムなのに、高すぎないと思います。
実際商品を見ると小さいと思いましたが、1回あたりの使用量が多くないので、比例して、こんなもんだと思いました。

お試しサンプルを使うたびに、量を多く取り過ぎてしまい、明日はこれよりもっと少ない量にしようと思ってても、また翌日も多く取り過ぎてしまって・・の繰り返しで、ずっともったいないことばかりしてました。

 

適量と使い方

つい、多く出し過ぎてしまうところですが、実際は本当に極小の量を使います。

 

インナーファンデ

シミ隠しは、オレンジを選びます。

 

使う量はコレぐらい。
生の米粒2粒弱ぐらいの量で、両頬の肝斑を隠せます。
この量でも余ります。

 

こんな感じです。
この状態だと毛穴がリアルに目立ってますが、塗っていくと最後はキレイに毛穴は目立たなくなります。
(前提として、毎朝晩、スキンケアをしてます。)

もし、毎日のスキンケアで水分を与える量が不足してると毛穴が目立ったままになるかも知れません。
今一度、ご自分のスキンケアの内容を確認してみるのも良いと思います。

 

クリームファンデN

オレンジ色を塗った上に塗ります。

これを見たらわかると思いますが、これが本品です。
小さめです。

シミを隠せて、そのまま顔全体に塗り広げる適量は、少しです。

 

 

どうも静止画だといまいち量が伝わりにくいので動画にしました。
量としてはコレぐらいです。
でもこれよりもう少し、少なくてもいいかなという感じです。
最後の一すくいが余計だったかな。

いつもこうやって取り過ぎちゃいます。

皆さま、お気をつけくださいませ。

 

 

 

適量を手の甲に乗せた後は、かたいので、中指で小さく円を描いて体温で暖めながら塗りやすく溶かします。

ここまで出来たら、隠したいシミの上に中指でポンポンと置くように塗布していきます。
キレイに塗るポイントは、横にスライドするのではなくて、軽く何度もコツコツとポンポンと置いていく感じにします。

 

こんな感じです。
動画は5秒ですが、これをずっと繰り返しながら隠したいシミの上にクリームファンデを乗せていきます。

 

使ったファンデ2種類と価格

私がオススメしているファンデは、2種類です。

シミ隠し用と、お顔全体に使う肌色のクリームファンデです。

 

もし、関東に住んでる人の場合は、サロンがあるので行ってみることもオススメします。

では、最後に公式サイトをオススメして終わります。

公式サイトでは、商品の詳細説明・シミや肝斑などの人のお悩み部位をカバーする事例写真や、使い方の動画など、わかりやすい内容が載ってますので見てみてください。

 

「マーシュ・フィールド」公式サイトへ  

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ
にほんブログ村

初めまして。 1970年生まれの“女”です。 何度もダイエットを繰り返してます。40代半ばから異常な体重増加が続いており、さらなるダイエットに励んでるところです。 自分に自信が持てる体重に戻ることを夢見て、”ブサイクではない中年女子”を目指してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です