dog

ペット預かりdoghuggy お役に立てる副業

こんばんは、masamiです。

ペットを預かることで収入になる副業があることをご存じでしたでしょうか?
今回はこの副業についてご紹介します。

 

こんな方々に読み進めていただければと思います。

犬が好き
犬を飼ったことはあるが今は事情があって飼えてない
犬が飼いたいけど毎日世話出来る環境ではないから飼えてない
犬を飼いたいけど年齢的に犬の最期まで世話出来る自信がない
困っている人がいるなら協力してあげたい
お役に立てることをすることが好き
本職での収入では不足なので副業を探している
好きなこと得意なことで収入を得たいと思っている

当てはまることが1つ以上ある方はぜひ読み進めてみてください。

 

我が家には犬が3匹いて、たまに出張もある正社員で仕事してます。
私の場合、主人がいてくれるので長期の出張があっても主人が世話をしてくれるので安心して行ってられます。

 

私の周りで独身の40代50代女性って結構いてて、その人達は、今の時代だからこその傾向で、このまま独身でいいや思ってる人が多くて、独身でいることが寂しく思わないし、楽で楽しく暮らしてる人が多いんです。

そして、決まって独身女性たちは、犬が欲しい、猫を飼いたいと言ってます
でもそうなると、どうしても引っかかってるのが出張があるから飼いたくても飼えない・・・という現実の問題に行き当ってしまい断念してしまってます。

・・・といった感じで、今の時代、何かいい方法とかシステムとかってないもんなんかな~とぼんやり思ってました。

 

そしたらあったんです。
ビックリしたと同時にめちゃめちゃ喜んでしまいました。

“doghuggy”ドッグハギーです。

 

 

ドッグハギーは、どんなシステム?

旅行とか、出張など、(考えたくないけど)入院などで愛おしいペットのお世話が出来ない時に預けることが出来る。

・いろんな地域でいろんな方々が登録してます。

例えば、
・地域が確認できます。
・預かって下さる方のお顔の写真とお部屋の様子がわかる写真が見れます。
・送迎が可能なのか不可なのかが確認できます。
・平日のみなのか、土日祝のみなのか?
・預かる頭数の制限が確認できます。
・預かってくれるのは、小型犬だけなのか、大型犬もOKなのか?

などなど、いろんな確認したいことが隅々まで確認できて“この人に任せて大丈夫”と思える人を選ぶことが出来ます。

そして、実際に預かってもらった人からのレビューも書かれているので参考になります。

気になる預かって下さる方(ドッグホストさん)が見つかったら、事前面談をリクエストすることができます。これは無料です。
もし気になるドッグホストさんが複数人いたら、その方々全員に事前面談をリクエストできます。

大事な我が子を預かってくれる先をしっかりと見極めれるシステムってことです。

 

私がさらに、イイなと思えたことは、今すぐ預ける予定はない場合でも、この先いつ急に預かってもらうかわからないってことってあります。

その時のために予定がなくても事前にドッグホストさんと探して決めておくことも出来るんです。複数人の預けても大丈夫と思えるドッグホストさんを選んでおけば、いざ出張や犬をつれていくことが出来ない泊りを伴う遠出などが発生しても慌てることなく安心です。

 

JESHOOTS-com / Pixabay

 

我が家の場合、犬を飼い始めてからは海外旅行には行ってません。犬を連れていける旅行しか行ってません。
基本的に犬を置いてまでいきたい旅行というのはあり得ないです。

ですが、過去で困ったのは、主人の両親が亡くなった時でした。泊まるのが普通ですが、犬たちを2日間ほっとくことはできないと思い、遠かったのですが私だけが自宅に帰って2日間通いました。

もしその時にこのシステムがあれば、助かってただろうなと思います。

 

ということで、今の私の場合、縁起でもないですが、年齢的には考えておくべきことでもあるので、もし主人が入院して私が仕事で出張しないといけなくなる時が発生したら、たちまち困ります。

 

また、逆で、私が入院した時も、普段殆ど私が世話をしてるので、もし長期の入院となってしまったら、主人一人であれこれと3匹の世話をするのは疲れ果ててしまうと思うんです。それを何もできなくて病院でじっとしてる自分も嫌になると思うんです。

もう若くないことを自覚しておいて困ることはないと思ってます。
今の時点から定期的に、近くでいい人がいないか探していこうと思ってます。

 

一人暮らしの友人知人全員に教えてあげようと思います。

 

これ(犬を預かること)って、よく考えると、犬を飼いたいけど飼えるか自信がないって人にもいいシステムなんですよね。

お世話をして人のお役に立てるのに、自分も犬と一緒に過ごせて楽しい時間を過ごせるんです。

平日仕事があるなら土日だけでもいいんですもん。
平日は一生懸命仕事して、土日は預かりをすることで癒されて日常にはない生活を過ごせるってことです。

 

ということで、2つめは、

ペットを預かって収入を得ることが出来ます。

これについても、前から、考えたことがありました。

実際に妹家族が犬を置いて旅行に行くことが多いので、私が世話をしに通ったりすることがあります。
その時は、身内でありながらも、お世話をしに行くということで、割り切って、お世話代をくれるというので、遠慮なくもらってました。そうすると、本当に割り切れてやりやすいんです。

 

なので、こういうのって、困ってる人がいたら、世話することなんて、犬を飼ってる人からしたら全然難しいことでもなければ大したことでもないので、何かアルバイト出来ることが流行ったらいいのになと思ってました。

 

 

我が家には、小型犬ではありますが、3匹います。

家具など殆ど置いてなくて、犬にとって危険なことはない環境ですが、決して広々とした家ではないです。
でも、困ってる人がいるなら助けてあげれるならあげたいですし、それが収入となるなら、嬉しいことです。

ということで、預ける側の登録は完了させました。
そして、審査も申し込みました。

これがもっともっと広まってくれたら便利になるだろうなと思います。

既にテレビなどでも紹介されてたみたいですが、私は知りませんでした。
もっともっと宣伝されたら、預かってもらえて助かる人、仕事として収入が得れて助かる人が増えると思ってます。そのお手伝いをしたいと思いました。

 

 

ドッグホストをするにあたり気になることをまとめるとこんな感じです。

 専門的な知識や資格はいりません。

 活動ごと(散歩・お泊りなど)に謝礼が得られます。

 開始するにあたり費用の発生はありません。

 

登録人数が増えれば増えるほど絶対便利になります。

皆さまご自身、そして、皆さまの周りでペットを飼ってらっしゃる方がいらっしゃれば、ぜひご紹介いただければと思います。

広まったらいいなと思ってます。

 

ドッグハギーの審査内容って何があるの?

どこかに行くなどといったことはありません。
全てスマホかパソコンで完了できます。

やることはオンライン審査です。

1.一次ペーパー審査

最初に試せるテストがついてます。
それをまずやってみます。
そこで何点だったかをみます。

ここでの絶対に頑張るべきポイントは、間違った箇所がどこなのかを確認して、何故間違ったのかをしっかりと確認します。

そこで間違った意味を理解して、そこで正しい答えを理解して頭に叩き込む

 

ちなみに私は試せるテストで1問だけ間違えました。
その意味を確認して本番のテストに挑んだので、ペーパーテストは通過できました。

 

このテスト内容は、決して簡単とは言えないと思いました。
犬が好きで、一緒に家の中で生活してて、犬の面倒を見続けている人であれば、正解率は高いと思いますが、犬と一緒に住んでいるが主に世話をする人は自分以外といった人は悩む質問が多いんじゃないかなと思います。

 

私が言うのも生意気ですが、よく考えられてる質問ばかりだと思いました。
だからこそ、いい加減な気持ちでドッグホストをしようと思ってる人は落とされると思いますし、信用信頼できるシステムということを質問をときながら感じることが出来ると思います。

 

2.二次面接審査

次は、アプリを使って家の中を映しながら、預かったワンちゃんが動ける箇所全てをチェックされます。お互い顔を見合って挨拶するところから始まります。

我が家の場合でチェックされ確認された箇所を例にあげてご紹介します。

 

コンセント

犬はコードをかじることがあります。

そういえば、我が家のワンコにもこの前かじられたとこでした。

ここでは、犬を預かる時には、このコンセントを犬がかじれないようにするためにガードしたり、この物自体を撤去出来るか?と確認されました。

これに関しては、預かる時には撤去出来ると回答しました。

 

ゴミ箱のフタからはみ出てるごみ袋のビニール

犬はこういうはみ出ているビニールにも興味を持ってかじってしまうということを指摘されました。
これに関しても、犬を預かる時には、ビニールを中に入れてはみ出ないように出来るかと確認されました。

もちろん、できると答えました。

なので、これも解決です。

 

ペットシーツの設置の仕方

ここが問題になりました。

我が家の場合、3匹みんながオシッコやウンチをしたくなったら自らハウスに敷いてるシートの上でする習慣が身についてました。

 

基本的に1歳半のいたずらっ子のさん太以外の2匹は部屋中放し飼いでお留守番もしてもらってるので、ハウスの中にいることが殆どありません

たまに、お客さんがきたらハウスさせたり、体調がちょっと悪そうだなと思った時に他の子たちが寄って行かないようにするためにハウスさせたりすることはありますが、本当に自由にさせてる時間が殆どです。

となりますと、預かるわんちゃんが我が家に来た時にペットシーツを敷きっぱなしにしてたら、そのシーツをかじって食べてしまう子もいます

我が家の場合、ペットシーツを撤去したら、我が家のワンコたちがたちまち困ります
でもペットシーツを敷いてあら預かってるワンコが食べてしまったりして事故につながる可能性が残る・・・

あれこれとやり方を相談しながら会話しましたが、ここは解決が難しいな・・という雰囲気を私も事務局の方も持ったまま終わりました。

 

翌日に事務局の関係者と審査され2日後に結果通知が届きました。

結果は、不合格でした。
ちょっとがっかりしました。

でも、改めて既にドッグホストに登録されてる方々を見ると、犬を3匹も飼ってる人はいませんでした

我が家の3匹でも目が行き届かないと思われてる上に他人のワンコの世話をきちんと任せられるかと言えば、それは想像してもらえにくいだろうなと思いました。

私個人としては、自信があったのですが、事務局の立場からすると、もっとゆとりある環境の人がいるならそちらに頼みたいと思うのが普通だろうなと思いました。

 

ペットシーツの問題も解決できないまんまでしたし、私も対応することが無理だな・・と思ってました。

私は不合格でしたが、一次審査は1問だけの間違いだったので、今までの犬に対する考え方、預かる立場の考え方は間違ってなかったということは確認することが出来たのでヨシとしておくことにします。

自分が審査を体験したからこそ、しっかりとした仕事だなと思いました。

今後、ワンコが1匹になった時にまた挑戦してみようかなと思ってます。

 

もし真剣に副業としてやっていこうと考える方がいらっしゃったら、しっかりと勉強して、しっかりと犬を預かる場合の環境づくりを考えて、動き回る元気な仔犬が取りそうな行動を想定した環境を整えてから二次審査を受けられることをオススメします。

 

飼っているワンコの数が1匹もしくはいない環境で、しっかりと準備して審査に挑めば高い確率で合格できると思います。

 

では、最後にサイトを案内して終わりにします。

 

doghuggyはコチラ 【ドッグホストに応募する】



 

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 



初めまして。 1970年生まれの“女”です。 何度もダイエットを繰り返してます。40代半ばから異常な体重増加が続いており、さらなるダイエットに励んでるところです。 自分に自信が持てる体重に戻ることを夢見て、”ブサイクではない中年女子”を目指してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です