dog

ペットホテルをお探しならペット預かりのDogHuggy(ドッグハギー)

こんにちは、masamiです。

我が家には小型犬のパピヨンが3匹います。
犬と共に過ごしていますので、犬と泊まれる宿を探しては旅行に行ったり、犬と入れるドッグカフェに行ったりしてます。

でも、どうしても犬を連れていけないところもあり、連れて行きたいけど連れて行けない出張などがあったりします。
そんな時に助けてもらえるのがペットホテル(ペット預かり)です。

私の経験から言えることは、急な用事で犬を預けないといけない時が一番焦りますし、困ります。

ご飯はきちんと朝・晩の2回は与えてあげたいし、水も清潔な美味しい水を常に上げておきたいし、オシッコ・ウンチのあと片づけをしてあげてキレイな環境の中で過ごさせてあげたいと思うものです。

やっておきたいこと

ペットホテル(預かり先)探し

ご自分の住んでいる近くでペットホテルがあるかどうか探してますか?
意外と探してない人って多いんじゃないかなと思います。
いざ預けないといけない時に慌てて探して連絡取って・・・という人が多いようです。

でもそういう時って、自分の大切なワンコを預ける時に伝えておきたいことを伝え忘れたり、ものすごく遠いところまで連れていかないといけなかったりなど自分が希望する条件や環境と違ってしまったりしがちです。

慌てることなく、逆にどこに預けようかなと選べれるぐらいの余裕を持っておきたいところです。

 

預かり先のルール・料金のチェック

この預かり先のルールって、その預かり先それぞれ違います。

受け入れ時間帯・お迎えの時間帯

例えば、朝の受け入れ時間帯が早朝はダメなところあります。
となりますと、早朝に宿泊を伴う出張などで新幹線で遠くにいかないといけない時には、前日から預けないといけないいうことになります。

その逆もあります。
出張から帰ってこれるのが夜の20:00ぐらいだとします。
帰宅して車で迎えに行くとなったら20:30になるとします。

その預かってくれる先のお迎えの時間は20:00までとなっていたら、融通がきくところだったら大丈夫かも知れませんが、そうでないところは、帰ってきて会いたくて仕方ないないのに会えずに過ごさないといけないこともあります。

その翌日も早く家を出ないといけないとなると会えるのはもっと先になるか、わざわざフレックスをとって迎えにいくか・・・といったことをしないといけません。

そして、もうお気づきかも知れませんが、予定してた前日に預けに行ったり、お迎えの時間が遅くて翌日に迎えにいくとなった場合は、当然預かる日数が増えます
余計にお金がかかるということです。

こんなことは、普通にあり得ることです。

 

staffordgreen0 / Pixabay

 

預かってくれる環境

狭いケージに入れっぱなしで、外に出れるのは散歩の時だけ・・というところもありますし、同じような大きさ、年齢のワンコたち数匹が自由に動き回れる広さのところで放し飼いで預かってくれるところもあります。

ワンコの性格によってどっちがいいかは変わってくると思いますが、出来る限り自分のワンコの性格に合ったストレスのかからない環境にいさせてあげたいところです。

オモチャがあったりなかったり、
散歩は何分?
何匹連れて何人で行くのか?
どんなルートを通るのか?
リードや首輪が外れる可能性が無きにしもあらずです。

どんな風に気を付けてくれるのかも確認しておきたいところです。

 

PIX1861 / Pixabay

料金

この料金こそ、預かってくれる先さん、それぞれスゴイ差があります
どこも似たような価格だろう・・・と思ってはいけません。
全然違います。
いざという時のために前もって調べておくことはものすごく大事です。

縁起でもないことを言うようですが、もし自分が長期で入院しないといけなくなったりした時には、1日あたりの預かってもらう金額×日数なので、全然違ってきます。

元気なうちにきちんと調べておくにこしたことはないです。

預かり先さんとのコミュニケーション取り

これもしっかりやっておきたいと飼い主としては思います。
このちょっとした会話をすることで自分のワンコへの深い愛情度合いを伝えておくのと何も伝えないのとでは対応がかわってくると思ってます。

また、そのワンコの癖とか、好きなこと、好きなものとか、脱走癖があるとか、散歩のときにすぐに拾い食いする癖があるなどを伝えておくのと何も伝えておかないのとでは、注意してもらえる度合いなども全然違ってくると思います。

また融通も利きやすくなります。

 

DogHuggy(ドッグハギー)がおすすめ

ドッグハギーというシステム、ご存じですか?
私は全く知りませんでした。
知った時には、感動しました。
こういうのがあればいいな~と思ってたので、まさに探してたシステムでした。

このDogHuggy(ドッグハギー)は何かと言いますと、自分のペットを預かってくれるシステムなんです。
と同時に、自分が預かってあげる人にもなれるシステムなんです。

現在は東京・神奈川・大阪を中心に預かってくれる先さんの登録者が増えてきてるんですって。

 

ここへの登録は無料です。

なので、ここでワンコを預ける用事がない段階で、私の大事なワンコたちを預けるとしたらどこのどんな人たちがいいかなとゆっくりと探して数人をチェックしておけます。

チェックだけではなくて、あらかじめ、預かってくれる先さんと会って面接をしていろいろと気を付けて欲しいことを相談してみたり、預かり先さんの対応の仕方を確認しておいたりも出来ます。

例えば、ワンコが、たまに、朝急にお腹を壊してたり、元気がなかったりする時ってありますよね。
そんな時、ワンコだけおいて会社にいかないといけない時があったりします。

事前に預かり先さんを探してコミュニケーション取っておけば、急に頼んでも引き受けてくれる人に頼むことが出来ます。安心だなと思うんです。

 

当然預かり先のルール・料金についても、概要はアプリに登録されている情報を見たらわかります。
なので、自分の条件に合致してるところを何人か選定して、その後会って会話して確かめるということができます。

 

私は登録しました。
現在は、預かり先になるための準備中です。

預かり先になるためにはいくつかの審査があります。

まずは、ペーパー審査がありました。
ちょっとドキドキしながら回答していきました。
これは犬を家の中で飼ってる飼い主さんなら、冷静に回答していけば合格できると思いました。

合計30問あって、ちゃんと確認されてるなと思いました。
大事なワンちゃんを預かる訳ですから適当に回答して合格できるというような感じではなかったです。
私は1問だけ間違えましたが一回目で合格できました。

 

その審査に通ると、次は後日実施日を決めて、指示されたカメラアプリを使って家の中のチェックをされます。
ワンちゃんを預かる時にどんな環境なのかのチェックでした。
危ないものがそばにあると判断されたら、それを撤去できるかなどの確認がされます。

 

そして、数日後に合否の連絡がきて、合格したら晴れて預かり先であるドッグホストとして登録されます。

 

このシステム、本当に人のお役に立てるシステムだと思いました。
逆に助けてもらえるシステムでもあると思いました。

ドッグホストさんが増えれば増えるほど便利になると思ってます。

ワンコの飼い主さん、登録しておくことをおすすめします。

最後にDogHuggy(ドッグハギー)の案内をして終わりにします。
ぜひ、ご検討ください。

 

詳しい案内はコチラ  【ドッグホストに応募する】

 

 

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
 

 



初めまして。 1970年生まれの“女”です。 何度もダイエットを繰り返してます。40代半ばから異常な体重増加が続いており、さらなるダイエットに励んでるところです。 自分に自信が持てる体重に戻ることを夢見て、”ブサイクではない中年女子”を目指してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です