下着

ブラジャーの選び方で3kgは差が出るって!?

こんにちは、masamiです。

 

40代50代の女子の皆さま、女子力維持出来てますでしょうか?

この年齢って、自分でちゃんと意識してキレイにしておく努力をしないと、油断したらすぐに、ゆるいおばちゃんになってしまいます。下手したらおっさんになってしまいます。

 

お昼の化粧直しをしなかったらすぐに汚くなってしまうし、色気もなくなるし、人に緊張感を与えない人になってしまいます。

でも、逆にきちんとしたメリハリのある体型で、きちんとお化粧して口紅塗ってたら女性と性別もにじみ出ますし、緊張感ある印象になれます。

私は、40代50代の頑張る女性が素敵に過ごせることを応援したいと思ってます。

 

セルフチェックしてみましょう

着てるブラジャーは、パターンの良いブラジャーですか?

 

 

ブラジャーは、アンダー部分の幅が狭いと写真のようにアンダーの上とアンダーの下に脂肪がはみ出してしまいます。

特に年齢が高くなると、ハリがなくなり、脂肪が柔らかくなりますし、それだけではなくて、たるみが目立ち始めてくるんです。

だから太ってたら、このはみ出方はもっと増しますが、太ってなくてもアンダーの上と下に脂肪がブニュっと出てしまいます。ここが40代50代の女性に意識してブラジャー選びをして欲しい点の1つです。

 

アンダーサイズは合ってますか?
小さいサイズも大きいサイズもダメです。

 

小さいサイズを着用していると、これもの写真のように食い込んでしまうので、服を着た時に段差が目立って、背中のスタイルがぶさいくになります。
背中に段々があると、一気に残念な中年の背中になってしまいます。

ここは、きつすぎない食い込まないアンダーサイズにして欲しいところです。

 

では大きいサイズのアンダーにすれば、この醜い段差が露わにならずに済むと思って選ばないでください。

大きいアンダーサイズを着用してしまうと、確かに段差はアウターに響かないです。
ですが、今度は、実際の体型より大きいものをまとってるだけなので、バストの脂肪をバストにとめておくことが出来ず、脇下や背中に流れて行ってしまうんです。
どんどん体型がゆるくぼやっとしたあいまいな体型になっていくんです。

なので、ご自分のサイズに合ったアンダーサイズのブラジャーを選ぶことは、ものすごく大事です。

ブラジャー選びの第一歩は正しいアンダーサイズを選ぶと言っても過言ではないぐらい重要なポイントです。

 

カップサイズは合ってますか?

・このように、ご自分のバスト容量より小さいカップのブラジャーを着てませんか?

このようにご自分のバストより小さいサイズのカップのブラジャーを着用してると、入り切れないはみ出ているバストはその場にとどまってくれるわけもなく、脇下へ移動し、そこでもとどまっておくことが出来なくなると、背中に流れてしまい、最後は、バストだった脂肪は背中に居座ってしまいます

バストのボリュームは減ってしまい、背中に脂肪がついた結果大きな体型になってしまい、いいことは何一つないです。

 

また、逆もあります。

・このようにブラジャーのカップとバストとの間に隙間が空いてパコパコしてませんか?

4分の3カップのブラジャーであれば、ブラジャーとバストとの間に多少の隙間が出来てしまうことはあります。

ですが、この隙間は、出来ないに越したことはないです。
隙間が出来てしまってるということは、そこにある脂肪は自由に動けてしまうということになります。

ですが、バストをきちんと整えるためには、密着していることが大事なんです。
浮いている状態でバストを整えたり、脂肪を移動させてとめておくことなんてできないんです。

ということで、このように浮いているとしたら、カップサイズが合っていないか、バターンの良くないブラジャーを着用してしまっているか・・・だと思います。

 

肩ひもは体にフィットしていますか?ゆるゆるの状態になっていませんか?

肩ひもは、指一本を入れて自由に動かせれるぐらいのフィット具合がちょうど良いとされてます。
体から浮いている部分がある場合は、肩ひもが緩すぎるという判断になります。

逆に体にフイットし過ぎて短くし過ぎてしまうと肩こりの原因になってしまったり、ブラジャーの着崩れを起こしたりします。

肩ひもはたかが紐かもしれませんが、ブラジャーのアンダーサイズ選びと同じぐらい肩ひもの調整は重要です。

ゆるいと補整力のあるパターンのブラジャーを着用してても効果は発揮できません。
きつすぎても補整力のあるパターンのブラジャーを着用してても着崩れてしまって効果は発揮できません。

ぜひ、浮く箇所がない状態できつすぎない状態にしてください。

 

ぜひ、この機会にセルフチェックしてみてください。

 

では、40代50代の女性にぜひ着用してみてもらいたいブラジャーをご紹介します。

 

元祖脇肉キャッチャーというブラジャー

このブラジャーは、40代50代の体型が崩れてきた女性の強い味方だと思いました。
この年代の脂肪の特性を知り、この年代の望みを把握したブラジャーだと思います。

試してみる価値は十分にあるブラジャーだと思います。

市場で当たり前のように見る機会、知る機会がないので、まだまだ知られてない存在だと思いますが、気づいた人は買って使って満足してリピート購入してるブラジャーです。

知る価値ありのブラジャーです。

私は下着選び、アドバイスをして20年以上経ちます。
正しいパターンの下着を着用されるなら、その人に合ったパターンのブラジャー、その人にあったサイズを選び、その人をキレイにフィッティングしてさしあげれます。
この情報をベースに読み進めていただければと思います。

 

アンダーのフィット感がキレイ

 

この写真を見たらわかると思いますが、これだけきれいにフィットしてくれます。
これだけフィットしてくれたらバストの脂肪をしっかりととらえて補整してくれます。

 

アンダーの幅が太いのが良い

このアンダーが太いのがナイスです。
このアンダー部分が細いのが許されるのは、若い時だけです。
40代50代は、ここが太ければ太いほどキレイにバストの補整も出来ますし背中もキレイに見せれます。

結果、後ろ姿がかなり若く見えます

 

アンダーの下のレースの工夫が良い

このちょっとしたレースの工夫、これ、ものすごくイイ仕事をしてくれてます。
わかりますか?
このアンダーの裾のレースがあるのとないのとでは背中の段差の見え方が全然違ってきます

 

両脇に2本ずつのボーンが入ってるのが良い

このボーンって、そんなに大きな存在に感じないと思います。
ですが、これが入っているのとないのとでは脂肪の移動のし具合が全然違うんです。
ボーンがあるとしっかりと抑えてくれます。

背中からバストに戻した脂肪は、背中にいた時間が長ければ長いほど背中に戻ろうとします。
それをこの二本のボーンが止めてくれるんです。

ものすごく大事な存在です。

 

脇のギリギリ高いところまでブラジャーのカップが覆ってくれてるのが良い

一般的なブラジャーは、脇のこんなギリギリのところまで覆っているブラジャーは少ないと思います。
ですが、ここまでがバストの範囲なので、補整したいバストの脂肪に働きかけるなら、そこまでしっかりと覆ってあげる必要があるんです。

 

ましてや、ここも40代50代になってくると、脂肪のくにゅくにゅした柔らかさが目立ってしまうので、露わに見えてしまうと余計に中年の雰囲気を醸し出してしまうことになってしまいます。気を付けたい箇所です。

 

ぜひ、試してみてください。

この元祖脇肉キャッチャーのブラジャーの会社は関西です。
この会社の社長さんは、若い女子というよりも40代50代の女性のことを考えてブラジャーを提案してくれてます。

従業員の方々も私たちと同世代の女性が多いみたいです。
自分たちで試着を重ね試行錯誤しながら喜んでもらえることを考えてモノづくりをしてくださってます。

 

特にうれしかったのは、メールや電話での問い合わせをしてくるお客さんの心情を考えてくださってました。

買うための問い合わせをする、この勇気がいったことを重んじてくださってます。
これを知った時に私は感動しました。

 

なので、メール対応はしっかりとしてくださります。

そして、フィッティングサービスもしっかりとしてくださります。

ぜひ、何でも聞きたいことをしっかりと聞いて、試着してみて欲しいです。

 

では、公式サイトをお知らせしておわりにします。

脇肉キャッチャーはこちら
HEAVEN Japan公式オンラインショップへ 





私に質問してくださっても大丈夫です。
下着に関しては実績がありますので、ご質問に答えられると思います。

お気軽にご質問ください。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ
にほんブログ村

初めまして。 1970年生まれの“女”です。 何度もダイエットを繰り返してます。40代半ばから異常な体重増加が続いており、さらなるダイエットに励んでるところです。 自分に自信が持てる体重に戻ることを夢見て、”ブサイクではない中年女子”を目指してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です