化粧品

スキンケアの前の洗顔の方法 ~アテニアドレスリフト~

こんにちは、masamiです。

冬がもう間もなくやってきます。
ますます乾燥が進む季節に突入します。
スキンケアをきちんと出来ているか出来ていないかで、この先の春の自分の肌が大きく変わります

それが40代にもなると、毎日朝晩の繰り返しの積み重ねの結果によって大きく違ってきます。

私は、15年ほど、高くても良い化粧品を使っていればキレイな肌をキープできると信じて使い続けてきました。
ですが、残念ながら3年前ぐらいからシミ・肝斑が一気に出始めて、今はきたないほっぺたになってます。

ちゃんとしててもこうなるんだ・・・ってことを思いっきり教えられました。
かなりショックです。

そこから考えが変わり、今は長年使ってたスキンケアアイテムを使い続けることにこだわるのをやめて、いろいろと試すようになりました。

 

今は、アテニアというシリーズを使ってます。
使い始めてまだ2~3ヶ月といったところです。
最初は肌が合うかどうかがわからなかったので、お試しセットを買いました。

 

アテニアドレスリフト 公式サイトはコチラ ≫


結果、どこも痒くなかったし、肌荒れも起こすことなく、使用感は今まで使ってた高かったものと変わりないと思えたので、アテニア本品を買って使ってます。

今まで使ってたスキンケアアイテムの3分の1以下のお値段で、満足感を得れるものだなと思い、感動してる最中です。

 

どれだけ効果の期待できるスキンケアを使うにしても、落とすものをしっかりと落としてから使うようにしなければ、効果を十分発揮できません。

今回は改めて洗顔についてクローズアップします。

 

洗顔の役割はなに?

お化粧をしててもしてなくても、肌表面には、汗・皮脂・角質などの体から出てくる汚れと、チリやホコリなど外部からの汚れが付着してます。
特にお顔は何かで守られているものではないので、モロ露出してます。

その汚れがついたままでいると雑菌が繁殖したり、皮脂などが毛穴に詰まって吹き出物になったりします。
もちろん、メイクも一日中つけていたら酸化しますし、肌に負担をかけることになります。
ましてや化粧を付けたままで寝てしまったりした日には、肌への負担は大きくなり、雑菌が繁殖して非常に良いくない状況になります。

 

特に化粧をしたまま寝てしまったということは、若い時であれば、若さで何とか回復できるかも知れませんが、もう40代以降になると、1回が命取りになりますので、絶対にしないようにしましょ。

 

ということで、洗顔の役割は、肌表面にある汗・皮脂・余分な角質・チリ・ホコリを取り除くでした。

 

では、次です。

泡立てる意味はなに?

よく、テレビのCMなどでも“もっちもちの泡でお顔を包み込むようにして・・・”とか、“泡が気持ちいい”とか言ってますよね。

それとか、洗顔ネットではなくて、ご自分の手で泡立てて洗顔する人もいます。
これらのする意味を知らない人って意外と多いかもしれません。

 

肌の表面は、ツルンとしてそうに見えますが、溝がたくさんあります。
その溝の模様が規則正しく整っているのが理想で、その整ってる状態を“キメが整ってる”と言ったりします。

 

 

この肌の溝や毛穴に溜まった汚れや肌表面についている汚れを落とすのが洗顔の役割でした。
そして、その汚れは洗顔のきめ細かい泡が入り込んでくれてかき出してくれたり、泡が汚れに吸着することで取り除いてくれるのです。

ということで、単なる荒いシャバシャバな泡だったり、すぐに消えてしまう泡ではダメなんです。
どこまで細かい泡を作るかが大事なんです。その細かい泡が細い溝、小さな毛穴に入って汚れを落としてくれるのです。

 

ご自分の手だけで泡を立ててる人がいます。
でも、その泡のボリュームが十分な人と全然足りてない人とがいたりします。

十分に顔を洗えるだけの量を作れてる人は問題ないのですが、全然足りてない量の泡だったり、泡の質もキメの細かくない状態の場合は、ぜひとも泡立てネットを使うことをオススメしたいですね。

泡立てネットって本当に便利なアイテムです。
泡立てネットがあれば、しっかりとしたキメの細かい泡が立てれるだけでなく、かなり経済的なんですよね。

 

実際には、こんな感じの量でいいんです。
1cmあるかないかぐらいの量です。

事前にネットは水で濡らして、ネットを結構しっかり振って、水気を落としておきます。
その上に洗顔フォームを出します。

それから何をしていくかと言うと、丁寧に少しだけ水を足して泡立てて、また少し水を足して泡立てて・・を繰り返して、いけるところまでいきます。

それがこんな状態です。

写真では泡のきめ細かい感じが伝わりにくいかも・・・です。
これ、本当に細かくて、逆さにしても全く落ちる気配がないんです。

実際は本当にもっちりした細かい泡になります。

 

 

 

この泡を顔の上に乗せて洗顔スタートです。
顔は無理なので、手の甲を顔に見立てて泡を置いてみました。

 

めえちゃめちゃ気持ちイイです。

 

泡をお顔に乗せてからどれぐらいの時間かけて洗顔してますか?

ここが面白いなぁと思うのですが、顔を洗う時って人に見らえることがないですよね。
なので、自分のやり方が全てで、それが普通になったりするんです。

でもここが結構大事なポイントなんです。

泡でお顔を包むようにして、20~30秒かけて、お顔の上で泡を転がします。
イメージとしてはお顔の上で優しくハートを描くように手を動かします。

 

20~30秒ってどれぐらいの長さかピンときますか?

私の場合は、洗顔してる時間を測ってもらったことがあったのですが、私は結構長いと思ってしまいました。
それだけ、普段の洗顔にかける時間が短すぎたということです。

と言いますか、昔は洗顔フォームを手のひらに取り、泡立てることなく、ペースト状のまま少し水で薄めてそのまま顔の上に置いてこすりながらなじませてました。
肌への負担のかけ方が凄すぎて怖い・・・。
そして、この間、息を止めて一気にやってました。

でも、20~30秒っていう時間は、息を止めることなく呼吸をしながら落ち着いてゆったりとした時間の流れの中で洗うものなんですよね。

そして、逆にだからと言って、長い時間かけて洗顔をするのも肌に負担をかけてしまうので良くないんです。
なので、適する時間が20~30秒という感じがオススメの時間です。

 

アテニアドレスリフト 公式サイトはコチラ ≫

アテニアの洗顔フォームを初めて使った時から現在に至るまでずっと変わらない感動した感想が3つあります。
それを3つお伝えします。

 

ドレスリフトフェイシャルウォッシュの感動ポイント

泡のキメが細かくて、卵の卵白を電動の泡だて器で泡立てたぐらいのキメの細かさと弾力性の良さ

このキメの細かさが凄くて、泡を手に付けて、手の甲を洗おうとしても、泡が邪魔して全然手のひらが手の甲につかないんです。ここまで泡が弾力性が持ってるっていうことを感じたのも初めてで、いくら手のひらで片方の手の甲を触ろうとしてもさわれませんでした。

 

汚れ落ちの良さを感じつつも、洗顔後のツッパリ感がないです。洗顔後はお肌の状態が不安定になり、乾燥気味になることが多いですが、これは大丈夫ですね。慌てて急いで次のローションをしなきゃと焦らせられることがないのは良いです。あわただしいとしんどいので。

 

香りが気持ちイイ好きな香り

これは人それぞれ好みがあると思いますが私はこの香りがかなり気に入りました。
洗い流すものであっても香りをつけてくれている配慮がありがたいと思いました。

この香り、天然のアロマなんですよね。
ダマスクロースが主で、オレンジ・ローマカミツレのアロマの香りです。

 

 

こんなことはしてしまってませんか?

洗顔を洗い流す時、どうやってますか?
この2つ、やってしまってないですよね??という確認をして終わりにしたいと思います。

 

 洗顔を洗い流す時に、熱すぎるお湯を使ってませんか?

熱すぎるお湯を使って洗い流しをすると、乾燥を促進させてしまうんです。
例えるなら、油だらけのフライパンを洗う時って、熱いお湯をかけて洗ったらキレイに油が落ちますよね。

あれと同じ状態が肌の上でおこなわれてしまうということです。

必要な皮脂までを洗い流してしまうと乾燥してしまいます。
また逆に必要な皮脂を洗い流してしまうと、肌が皮脂が足りないと認識してしまい、どんどん皮脂を出してしまって、皮脂が多くなったりもします。

なので、必要な皮脂は洗い流さないようにして、乾燥を防ぐためにも熱すぎるお湯は避けるべきということです。

私は、意識して洗い流す時だけ、お湯の温度を少しぬるくしてます。
面倒ですが、洗顔は朝晩2回365日することなので、この積み重ねがその後のお肌の状態につながると思っています。

 

 タオルで顔を拭くとき、どうやってますか?

まさかとは思いますが、顔の上でタオルを動かして吸い取ってはいないですよね?
それをしてしまうと、摩擦で肌に負担をかけてしまい、刺激を与えてしまいます。
これは、絶対にしない方がいいです。

お顔にタオルを添えて動かさずにおさえながら顔の水分を吸い取るのが負担をかけない拭き方です。

 

chriscarroll071158 / Pixabay

 

 

ということで、
今回は、誰もが知ってると思いきや、ご存じないことかも知れない洗顔方法について整理してみました。

皆さまのお役に立てれば幸いです。

 

 

アテニアドレスリフト 公式サイトはコチラ  ≫



初めまして。 1970年生まれの“女”です。 何度もダイエットを繰り返してます。40代半ばから異常な体重増加が続いており、さらなるダイエットに励んでるところです。 自分に自信が持てる体重に戻ることを夢見て、”ブサイクではない中年女子”を目指してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です